読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/8 fumi 中国のATMを初めて使用した時の話

妻へ。

中国はカオスである。そう混沌である。同じことを2度言った。それくらい日本では童貞レベルの衝撃がここチャイナでは次々と襲いかかるんチャイナ。面白いダジャレは自虐スルーして、スポーツ用品での最大カオスを通り越すカオスを紹介しよう。

それは銀行でのチャイナカオスである。

妻よ。貴方はサービスにおいて危機迫るカウントダウン的なサムシングを受けたことあるだろうか。恐らく日本ではナッシングだろう。だが、ここ中国ではサービス、つまり銀行においてカウントダウンサービスが存在するのである。さすが、お気づきだろう。銀行ATMでカードを入れたら1分しか執行猶予が与えられないのである。しかし、なんと残高照会してメーンメヌーにリターンすれば、カウントダウンは1分に回復するのである。ゲームの水中での息止めカウントダウンと同じである。
f:id:fumiyuri:20160308231241j:image

僕は焦るように引き出しをする。たかが引き出しで1分もかからないが心配はない。だが、ここは中国だ。引き出しという中国語を解読できないとカウントダウンの数字が焦りとは反比例して小さくなってゆく。

すると、カードは世界ふしぎ発見のひとし君人形みたいに没収されるのである。テレッテレッテー。オーマイガ。同僚は没収されて別日にカードを回収しに行ったそうだ。